Naitter【泣いた】

一流アスリートに共通していた!彼らが子供時代やっていた“あるスポーツ”とは

一流アスリートに共通していた!彼らが子供時代やっていた“あるスポーツ”とは

一流アスリートに共通していた!彼らが子供時代やっていた“あるスポーツ”とは


gettyimages_450892626
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはコチラ

↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

一流アスリートの子供の頃

出典 http://www.gettyimages.co.jp

トップアスリートのほとんどがジュニアの時に2、3種類のスポーツをやっていて、1種類だけの競技しかやっていない選手は一人もいなかったそうです。

出典 http://news.livedoor.com

子供の可能性を広げる「ゴールデンエイジ」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

主に9〜12歳頃(小学4〜6年生)がゴールデンエイジと呼ばれ、成長期に入り運動能力が大きく伸びる時期になることから、効果的なトレーニングをすることにより、大きな成長が期待できます。

出典 http://www.arrows-gym.jp

特にプレ・ゴールデンエイジと呼ばれる4~8歳のころは、さまざまな遊びや運動をすることで神経が急激に発達する時期。成長した際の技術習得が容易になります。

出典 http://www.kodomo-naraigoto.jp

ゴールデンエイジは9歳〜12歳。プレ・ゴールデンエイジは4歳〜8歳。この期間にいろんなことをさせると、子供の成長にいい刺激をあたえるんですね!

特に“水泳”をやっていたアスリートが多い!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1. 全身運動をすることで、柔軟性・持久力・バランス感覚を向上させます。

2. 胸に水圧がかかるため呼吸筋が活発に働き、陸上運動よりも効率よく心肺機能を向上させることができます。この規則正しい呼吸が喘息治療にも効果的といわれ、喘息のお子様に水泳をすすめているお医者様もいらっしゃいます。

3. 水の冷たさによる刺激が皮膚を鍛え、自律神経の働きを高め、風邪をひきにくい身体を作る効果が期待できます。また、高湿度の環境は喘息の発作を引き起こしにくくなります。

4. 浮力を利用した水中の三次元的な動きが、お子様の神経系の発達に影響を与え、想像力を高める効果が期待できます。

出典 http://5450.s-re.jp

アスリートに必要な、柔軟性・持久力・バランス感覚が水泳一つで養えるのが素晴らしいです。水の刺激で身体を強くすることができるんですね!

幼い頃水泳をしていたトップアスリートたち

澤穂希選手

出典 http://www.gettyimages.co.jp

3歳から12歳までは水泳もやっていたんですよ。だけどやっぱり11歳、12歳のときに自分で考えて、親に「もう水泳はやめたい」って言って。

出典 http://www.vogue.co.jp

澤さんはその後サッカー1本に絞ることを決断しました。ボールを使った練習の時は自然と笑顔になってしまうんだとか。

水泳で鍛えられた身体がサッカーにも活きているんですね!

錦織圭選手

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「子供が好きならやらせる」というのが錦織家の教育方針であり、他に水泳、サッカー、野球やピアノ、英会話などをやらせていました。

出典 http://www.ishamachi.com

テニスの才能が小さい頃から発揮されていた錦織選手。小学6年生で全国大会に優勝をしています。また13歳で米国の名門テニススクールに単身留学もしているんです!

未成年の頃から一人でなんでもすることによって、強い心が生まれるのでしょうか。

本田圭佑選手

出典 http://www.gettyimages.co.jp

本田選手は子どもの頃、水泳やバスケットボール、野球や卓球もプレーしていたそうです。

出典 http://www.sakaiku.jp

本田選手が小学校の卒業文集がイタリア紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」にも取り上げられました。

「世界一のサッカー選手になる」・「セリエAに入団します。レギュラーになって、10番で活躍します」などと綴っています。

本田選手は小さい頃から自分の夢を口にしたり書いて残すことで有言実行することに成功しました!

荒川静香さん

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そんな彼女がスケートを始めたのは5歳の頃。当時水泳、エレクトーン、バレエなど多くの習い事をしていた。

出典 http://tenshoku.mynavi.jp

ご両親は習い事を始めるのも辞めるのも荒川さん自身の意思で決めさせていました。一人っ子なので競争心がなかったのですが、自分自身に負けるのが嫌で難しい技に挑戦していったそうですよ!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

水泳を通じて「体」を鍛えることが、「心」を鍛え、「知」の素質を磨くことにつながるんですね!一生に一度しかこないゴールデンエイジは貴重な期間です。

自分のお子さんの可能性を広げるために、いろんなことに挑戦させるのもいいと思います!


※いいねを押したら画面を一つ戻って下さい。

※続きが見られます。