Naitter【泣いた】

“ぱるる”は塩対応…素顔を知ればそう言えなくなるAKB48島崎遥香の真の姿

“ぱるる”は塩対応…素顔を知ればそう言えなくなるAKB48島崎遥香の真の姿

“ぱるる”は塩対応…素顔を知ればそう言えなくなるAKB48島崎遥香の真の姿


cached
友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AKB48及び、姉妹グループが総出演する連続ドラマ『マジすか学園』。その5作目となる新作の放送、配信が発表となりました。人気シリーズにつき、回を追うごとに深みを増していき、ついに「地上波では表現しきれないスケールになったため」という理由から、第1、2話を日本テレビで放送後、3~7話はHuluで独占配信するとの異例の展開に!

待望の『マジすか学園5』で主演をつとめられるのは、ご存知、AKB48メンバーの島崎遥香(しまざきはるか)さん。“ぱるる”の愛称で親しまれていることでもお馴染みですよね。

出典 http://japan.cnet.com

そんな島崎遥香さんですが、先日、ファンと交流が出来ると話題のトークアプリ『755ナナゴーゴ』を休止すると宣言し、後日撤回したことでも話題です。経緯をちょっぴりおさらいすると…。

トークの閲覧総数を示す「ウォッチ数」が3000万を超えたら何をするか?とファンから質問された島崎は「755をお休みしようかしら。笑」とコメント。
冗談かとも思われたが、その後すぐに「当分、お休みさせていただきたいです。 これからはファンの皆さんとの距離感も大切にして行きたいですし。 モバメとインスタグラムはこれからも続けますのでそちらの方で発信して行きたいと思います!」と説明した。

出典 http://www.rbbtoday.com

そっけない“塩対応”と名高く、もともとファンとの交流が得意ではない印象の島崎遥香さんなので、755の休止もちょっぴり納得してしまうファンもいたことでしょう…。ですが多くの嘆く声を受け、「明日までに(ウォッチ数を)1位にしてくれたら考えます」とちょっぴり王女様を思わせるコメントを出し、ファンがウォッチ数1位に向けて奮闘する動きに!後日、充分すぎるほど気持ちは伝わった旨を投稿し「回数は減るかも知れませんが続けますね」と休止を撤回します。

不器用ながらもファンと交流していくと誓う

出典 https://twitter.com

嬉しいですね…。でも島崎遥香さんをよく知らない人にとっては、アイドルらしからぬそっけない態度がなかなか理解出来にくいかもしれません。ですが、そこには理由があったよう。

2009年9月20日、『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』に合格。高校1年生の時にAKB48のオーディションを受けたきっかけはアイドルに詳しい同級生の誘いによるもので、調べてみると募集欄に『緊急!!』と書いてあったため「緊急だったら受けるしかない」と思い応募を決意した。握手会では、そっけない態度をとってしまい「塩対応」と言われていた。しかし、2013年6月に行われたイベントでは「握手会での対応を良くしていきたい」と語った。

出典 https://ja.wikipedia.org

自らアイドルになることを懇願していたというよりは、同級生の誘いによるものでした。なので、ちょっぴり世間が求めるアイドルとしての対応とはかけ離れ、塩対応と呼ばれてしまうこともあったのではないでしょうか。

誤解されがち…でも本当は、奥深き愛情のある女性

出典 http://ameblo.jp

泣き崩れる後輩をそっと支えてあげる一幕も。自分がテレビに映っていないと思われる瞬間にとる行動にこそ、本当の島崎遥香さんの姿があるのではないでしょうか。

真の友情とはこういうもの

出典 https://plus.google.com

島崎遥香さんの同期でもある、横山由依(よこやまゆい)さん。AKB48のメンバーとして華々しい活動をし、現・総監督である、“たかみな”こと高橋みなみさん卒業後の次期総監督に任命されていることでも有名ですよね。ともに現在の48グループを牽引し、人気の高いお二人。同期でありながら、やっぱり年頃の同性同士のライバル心もあるのではと懐疑しちゃうこともありますが…。

出典 https://twitter.com

“ゆいはん”こと横山由依さんとラーメンはどちらが好きかというちょっぴり面白い質問に対して、このように回答されています。お互いの嫌な部分を受け入れて助け合うとしっかり表現するところに、裏表がなく、真っ直ぐな島崎遥香さんの素顔を感じます。決していいことばかり発言するわけではないところに、不器用といわれてしまうこともあったのかもしれませんね。

755では、思いのほか“神対応”だった

一見そっけないフェイスにあったかいハート♡

出典 http://ameblo.jp

いまや国民的アイドルに成長した“ぱるる”こと島崎遥香さん。塩対応のイメージで誤解されることも多いですが、数々のエピソードから、他人想いなところや、考えが深く、男女ともに共感や好感が持てる部分を秘めていることが明らかになりました。